離婚合意の最後の話し合い。

年も暮れに近づいていた日、ずっと私が拒否してきた話し合いをとうとう行うことにしました。

思えば最初に夫と二人で話し合いをした日から3か月近くたっていました。

夫は別居して離婚の意思を示しているにも関わらず、私が住んでいる地区の消防団活動に何食わぬ顔で参加していたのです。

そんな状態で私に離婚の話し合いの催促をしてくる。

まず消防団を抜けなければ話し合いには一切応じないと私は夫へ伝えていました。

そして消防団を退団したというので年末に近づいてきた日に夫が居候している義母宅で話し合いが行われることとなりました。

私はその話し合いに向けて、家にあった夫の荷物をすべて段ボールに詰めました。

洋服、カバン、DVDや漫画、それこそこの家に夫はもともといなかったのではないかと思うくらい、家の中の夫のものはなくなりました。

段ボールにしておよそ10箱以上になったでしょうか?

すべて詰め終わりがらんとした部屋を見て、あー、終わるんだなぁ・・・と実感したのです。

話し合いは皆が帰宅した夜の時間。

夫側は夫、義母、義母の愛人の3人。

私側は私1人です。

私の両親も・・・と義母達は思っていたようですが私がそれを断固拒否しました。

もちろん悪いのは夫ですからこちらの分が悪いとかそういうことは一切ありませんが、両親にこれだけ心配かけてしまった上、これ以上私自身のもめごとに巻き込みたくない。

そんな気持ちが強かったのです。

今回の話し合いで話すのは離婚するということを伝えることと今後の方向性。それだけである。

親が来たからといってその思いがひっくり返ることは全くないし、私自身両親に離婚することを告げている。

それならばわざわざその場に私の両親が参加する必要はない。

そう思いました。

義母の家につき、夫の荷物を夫の部屋に運びます。

ドアを開けるとそこには大きいベッドがありました。

・・・以前来たときはこんなものなかったはず?

多分またきっと義母が買い与えたんだろうな。

息子に対してどこまでも甘い義母なんだな。

私は呆れかえりました。

そして、いつも年始の挨拶に行くときにビールやら日本酒やら買い込んで年始として渡していたのですが、年始に私はここに来ないだろうと思って話し合いの時に持参しました。

夫の祖父の部屋に行き、

『おじいちゃんお久しぶりです。お酒、持ってきたんで飲んでください。』

ととりあえず手渡しをしました。

心の中で、

『たぶんもう二度と私がここに来ること、この人と会うことはないんだろうな。』

と思いながら。

義母と愛人さん、私の順にテーブルを囲んで座り待っていると最後に夫が帰ってきました。

夫は終始何か不満げな表情をしていました。

そして、席に着いた途端、こんなことを言い出したのです。

『で、どうすんの?キャッシュカード返してほしいんだけど。

どうせ離婚するんだからもう持ってる必要ない。早く離婚したいんだけど。』

私はカチンときましたが感情を抑えました。

『離婚はします。

ただ、仕事だって探さないといけないし、今の仕事の契約だって

まだ残っているから今すぐってわけにはいかない。』

義母達は黙って聞いています。

夫『それはいつ。いつ仕事を探し始める予定なのか。』

私『職場にも迷惑をかけるから今のところ再来年の3月を目途に考えてる。』

夫『じゃあ先にキャッシュカードだけ返して。必要分差し引いて振り込むから。』

義母『お金は離婚するまで○○(私)が管理しなさいって言っただろう。』

義母がその言葉を発した瞬間、夫は今度は私に向けていた暴言を義母に向けました。

そこで私はとうとう堪忍袋の緒が切れることになるのです。

『っていうかさぁ、さっきから黙って聞いてれば何なの?!

 誰のせいでこんなことになったと思ってんの?

 お義母さんだってアンタがこっちに来てからどんだけ痩せたか知ってる?

 うちの地区の消防に顔出してたのだって意味わかんないんだけど。

 なんでうちのお父さんが自分ちの婿の様子を同じ消防団に属してる

 自分の部下に聞かなきゃいけないわけ?

 意味わかんないんだけど。普通に考えたら有り得ない!

 こっちの迷惑とか考えたことないの?

 それにさぁ、何自分の洋服母親に取りに来させてんだよ。

 お義母さん、ひとつ聞きますけど、弟さんの嫁さんが同じことしたらどう思います?

 弟さんの嫁さんが不倫しました。それで子供おいて出ていきました。

 でも嫁さんの親は孫に会いたいから弟さんのところにきます。

 で、挙句の果てに嫁さんの親が嫁さんに言われたからって言って弟さんのところに

 嫁さんの洋服を取りにきたらどんな気持ちになりますか?

 わぁすごい!うれしい!って思いますか?

 それに自分は離婚したいからもう子供に会わなくてもいいけど

 親は可哀想だから孫には会わせてほしいって嫁さんに言われたら

 どんな気持ちになりますか?

 お宅の息子さんのやってることってそういうことですよ?

 

 私には理解できませんね。っていうか理解したくもない。

 

 お義母さん、今度弟さんの結婚式あるじゃないですか。私も子供も行きませんから。

 お宅の息子さんのこの態度が原因で私は結婚式には参加しません。』

私は普段感情的に物事を語るということはそんなにないのですが、この時ばかりはものすごく感情的になりました。

一通り話した後、夫と義母はうちの両親に謝らないと・・・みたいなことを言ってきたのでこう言いました。

『離婚は喜んでしますよ。

っていうより、こんな父親いたって子供にとって良いとは思えない。

子供にはアンタに似てほしくないから。それに謝罪はいりません。

自分の旦那がこんな人間だったなんて・・・恥ずかしい。』

恥ずかしいと言った瞬間、涙が溢れてきました。

それ以降は慰謝料や養育費の話をしました。

養育費の件に対して、子供一人育てるのに1000万かかるからね!と私が言うと、

夫は『はぁ?!』と納得いかないようでした。

夫自身は進学するならば奨学金を借りるべきだと思っていたようです。

しかもそれは子供のためを考えた発言ではなく、自分の親友(男3人兄弟)が皆奨学金で学校を出たからと。

私はそれを状況が違うだろうと即却下しました。

私が自分の親にしてもらったことまではきちんと子供に返す。

それでなければ離婚には応じませんとはっきり伝えました。

家の建築や車の購入、家族のレジャーなど家族そろって幸せで暮らしていくための出費をして、結果として進学する際に奨学金を使うならばしかたないかなと思っていました。

でも、それすらも叶わなくなってしまった今、夫ができる子供への罪滅ぼしは養育費をしっかり払うことだと思ったのです。

義母もそれには同意し、話し合いの中で、

  • 離婚の時期
  • 慰謝料、養育費の事
  • 親権の事

を決めてその日の話し合いは終了となりました。

夫は納得していなかったようですけどね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
応援お願いします!
にほんブログ村 家族ブログ 離婚へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする